Read Article

ハウスダンスの基礎・基本 ■Pa De Bourree■ パドブレ 【初心者のためのステップ講座】

 

ハウスダンスの基礎・基本 ■Pa De Bourree■ パドブレ 【初心者のためのステップ講座】

 

 

今回ご紹介するステップは ■Pa De Bourree■ パドブレです。

ハウスダンスのステップは基本的に他のダンスのジャンルからインスピレーションを

受けて生まれたステップが多いと言われています。

今回のパドブレも元々、ballet(バレエ)で使われている基本ステップです。

これをよりリズミカルな感覚で行っています。

それではご覧下さい↓

 

 

 

【解説】

 

1.右足を踏み込む

右足を右サイドに大きく一歩踏み込みます。

ひざが曲がっているのがわかると思いますが

踏み込んだタイミングで足がつっぱらないようにするのが基本です。

この状態をリズム取りでダウンと言います。

カウント ワン・エン・ツー

 

 

2.左足を上げる

1で右足を踏み込んだあとに、左足を上げます。

この動きはあくまで次の動作の流れになるのでそこまで強く意識しなくても

自然とこうなります。

カウント ワン・エン・ツー

 

 

3.左足を踏み込む

2で上げた左足を踏み込みます。

必ず右足の後ろに踏み込むようにしましょう。

足がクロス(交差)した状態になっていることを確認します。

この時ひざは曲がっているのでリズム取りはダウンになります。

このステップの時にダウンがとれないケースが多いので

しっかり意識してリズムが取れるようにしましょう。

カウント エン・ツー・エン

 

 

4.足をそろえる

右足を軽く引いて左足と並べるように足を運びます。

ひざを完全に伸ばす必要はありませんが、

ひざが伸びるイメージをもちます。

これがリズム取りで言うアップの状態になります。

カウント ツー・エン・スリー

 

 

5.左足を踏み込む

左足を左サイドに一歩踏み込みます。

1で右足で踏み込んだときと同じ動作になります。

ひざをリラックスさせてダウンのリズムをとりながら行います。

体の向きは足を踏み込んだ方向に向けるようにします。

カウント ツー・エン・スリー

 

 

左足も右足で行った動作を繰り返します。

簡単そうに見えると思います。

難しそうだと感じてほしくはなく、まず実践してもらえたらと思います。

パドブレはハウスダンスの基本とされているステップになりますし、

実際よく使われています。

基本のステップであればあるほど、何回もやることによって

いろんな可能性を感じることができます。

今回ご紹介したやり方だけが全てではありません。

パドブレのほんの一部にすぎません。

パドブレ一個にしてもいろんなパターンを作ることができますので

こちらもまたご紹介していきますね。

まずは今回のパドブレを習得しておいてください。

それではまた次の動画でお会いしましょう。

 

 

 
ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

 

ページトップへ

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top