Read Article

ハウスダンスの基礎・基本 【初心者のためのステップ講座】 解説動画 ツイスト・ツーステップ応用

 

ハウスダンスの基礎・基本 【初心者のためのステップ講座】 解説動画 ツイスト・ツーステップ応用

 

 

それでは今回ご紹介するステップはツイストの応用になります。

ツイストのステップをやりたい人は比較的多いのかなと感じています。

おどりびとで動画を上げている中でも一番多く再生されていますし、

レッスンもやらせてもらっていますが、その時にも感じたりしているからです。

ぜひツイストを体得してください↓

 

 

 

ゆりっちSTEPというYouTubeチャンネルもやっていて

そこで一度出演してもらっていますももさんと今回は解説をしていきます。

 

 

【解説】

 

足踏みしながらかかとを外に

 

一度右足を上げます。

左足が軸足になります。

 

地面に足を着地させた時にかかと外に向けます

左足も同じようにかかとを外に向けます。

 

赤丸で囲ってない方の足のつま先とかかとも平行になるように

足踏みをします。

 

 

 

お腹をひねる

 

ポイントになるのは胸の位置です。

胸より上は正面を向けたまま行います。

 

腰から下でコントロールするようにします。

おへそを左右に向けるイメージをもって行います。

 

おなかがひねられている感覚があれば正解です。

もしない場合は、胸や肩がいっしょに左右に向いていないか

確認します。

おへそ(ベルト)が左右に向けられているか確認します。

 

 

腕でおへそを迎えにいく

 

ツイストがしにくい場合、腕を使えていないことが考えられます。

お腹をひねる動作を行いながら腕を振ります。

腕とおへその位置に注目してほしいのですが

近づけていくようなイメージをもつと、よりお腹のひねりが感じられます。

 

 

ツーステップにツイストをいれる

 

ツーステップがわからない方はこちらで解説していますので

ご覧下さい→ツーステップ

 

1.右足を踏み込む

右足を踏み込んだときかかとが外に向くようにします。

もちろん両足ともにつま先・かかとが同じ方向になります。

 

 

2.左足を一歩後ろに

二歩目のときも注意する点は同じです。

 

3.右足を軸足の前に踏み込む

踏み込んだ時におへそ(ベルト)を外側に向けます。

 

4.左足を外に踏み込む

胸の位置をしっかり正面に向けたままキープします。

肩も同じです。

上体が動いてしまうとツイストはでません。

 

 

5.右足を一歩後ろに引く

腕でおへそを迎えに行くイメージをもって

腕を振ります。

 

 

6.左足を前に踏み込む

腰から下の関節がすべて同じ方向を向けることができているか

確認します。

もちろんつま先の向きも同じです。

1~6のステップどの時にもツイストをしています。

お腹への刺激をしっかり感じて行ないましょう。

同時進行で気を付けないといけないこと

意識しないとできないことが多いですが

体得できると一気にステップに幅が広がります。

なのでぜひ挑戦してみてください!!

動画ではさらに細かいツーステップのツイストを紹介してますが

やり方は同じです。

このステップが理解できればできるようになります。

 

それではまた次の動画でお会いしましょう。

 

レッスン情報

 

 
ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

 

ページトップへ

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top