Read Article

ダンス初心者・経験者へ基本的なこと ダンススタジオで習うときに一番大事なこと

 

ダンス初心者・経験者へ基本的なこと ダンススタジオで習うときに一番大事なこと

 

 

ダンススタジオに行く目的は何でしょうか

  • ダンスをしたいから
  • ダンスが上手くなりたいから
  • 健康維持のため
  • 体力アップのため
  • ストレス発散のため

目的は様々あると思いますし、

これをどうこう言いたいいのではありません。

運動という感覚で行っている人ではなく、

本気でダンスを学びたくて、上達したい人はこうあるべきだと

感じることがあります。

 

レッスンを受けるときに大切なことは〇〇です

 

本気でって言ってるぐらいなので、本気でやっている人にとっては

当たり前のように聞こえるかもしれませんが

それは心意気姿勢です。

 

レッスンを受けるときの取り組み方の部分です。

初心者、経験者でダンスのレベルの差があったとしても

この心意気と姿勢はキャリアに関係ないことです。

だから誰にでも出来ることです。

前傾姿勢ぐらいの気持ちで前のめりで取り組んだほうが

絶対良いと感じます。

 

あなたは先生を選んでいる

 

あなたはレッスンを受けるとき、もしくは

レッスンを受けようとしているとき

先生を選んで行っていると思います。

選ぶ基準はそれぞれあると思いますが、

自分にとってためになる、うまくなるために必要なことを

ちゃんと教えてくれる先生を選んでいると思います。

どちらも経験しているから分かることなのですが

先生もまた、生徒さんを見て、選んで判断しています

 

 

一生懸命やったほうが絶対良い

 

最初に話は戻りますが、うまくなるためにレッスンを受けに来ているなら

その上手くなりたい気持ちが体全体に溢れ出ているように見えるぐらいの

姿勢で受けたほうが良いです。

もちろん個人差はありますが、真剣かどうかはすぐに分かります

雰囲気気配をすごく教えていても感じるからです。

そして真剣に一生懸命やっている人には

指導者側もさらにためになる内容のレッスンをしようと思いますし

真剣に伝えにいきます。

何が言いたいのかというと

生徒さんのやる気や姿勢によって

える質や熱量が変わっているということです。

真剣な人には真剣に伝えます。

何しに来たんだろうと一見感じてしまうような人には

それ相応の伝え方になってしまいます。

 

いやいやいや、それは「ダメでしょ」って感じましたか

指導者としてそのバランス感覚はダメなのかもしれません。

ただ、指導者も感情を持った人間です。

なかなか同じように応対するのは難しいところがあります。

もちろんレッスン内容がおもしろくないものであれば

受ける方の姿勢も変わってくるので、指導者がまずはじめに

きっかけとしてあると思います。

そんな中で、

お互いにとって良いのは一生懸命あれることです。

一生懸命あれることで、その時間が有意義な意味のあるものになります。

そう思える時間をなるべく作れれば、お互いが成長をしていくことができ、

結果として良いことしか待っていない状態になります。

そんな関係性がベストだと感じています。

なのでやるならお互い真剣に臨みましょう。

 

 

ダンススタジオにはなかなかいけないと感じているあなたはぜひこちらをご覧下さい↓

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top