Read Article

ダンスをする上での悩み 「ダンスバトルに出て対戦相手が〇〇だった場合どうしたら良いんですか?」

 

ダンスをする上での悩み 「ダンスバトルに出て対戦相手が〇〇だった場合どうしたら良いんですか?」

 

 

バトルイベントに出たことはありますか?

どこの地域においても今はダンスバトルが盛んに行われています。

バトルっていうのはダンスショーケースに出て踊る空気感とは

また違ったものであり、アドリブ勝負で即興性を重視したダンスが

要求されます。

それが好きな人とそうではない人に大きく分かれると思います。

そこでこんな質問がありました。

 

「せっかくバトルに出たのに対戦相手が自分の習っている先生でした」

勝てるわけないですよね?先生が出るのはありですか?

さらには賞金まで持って行って卑怯だみたいな感情も含んだ意見でした。

そのバトル自体がどういう形でのバトルイベントだったのかが

全く分からないので、意見はしにくいですが、

あなたなら対戦相手が先生だった場合どういう気持ちになりそうですか?

 

 

最高のチャンス

 

ちなみに僕自身こういうシチュエーションになったことがありますし、

こんな時、僕は上記とはむしろ逆で気持ちは高まり熱くなりました。

それはなぜかというと

こういったバトルイベントでもない限り、先生と踊ることや踊り合うことが

絶対できないからです。

そして純粋に挑戦したいという情熱が自分を掻き立てていました。

勝ちたいという気持ちよりかは挑戦したい、自分の力を試したいという

純粋な気持ちでした。

先生じゃなくても、自分が見上げてしまう有名な力のある人と対戦する時は

気持ちが燃えてきます。

「先生やし絶対無理やぁ」みたいな気持ちになるのはもったいないと感じます。

「先生と踊り合える」これは最高のチャンスだと思うことができたら

踊りの内容も全然変わってくると思います。

萎縮するぐらいなら開き直って、思いっきり当たりにいってほしいですね。

負けて当然というメンタリティーが自分をさらに加速させ、勢いづけますから。

 

 

先生はプレッシャーしかない

 

先生は先生で勇気と覚悟がいる立場にあります。

純粋にバトルを楽しめるメンタリティーであれば良いですが

なかなかそういうわけにもいかない場合がほとんどだと感じます。

ましてや相手が自分の生徒となると勝って当然という空気感があるので

プレッシャーが物凄くかかってきます。

不覚にも負けた所を想像して、そうなるわけにはいかないと

全身に力みが入ったり、頭であれこれ考えてしまったりということも

有り得ます。

なので失うものが何もない挑戦者の気持ちであれる方が

チャンスしかない状況なので良いように感じたりもします。

 

 

最後に

 

最初の質問に戻ると、先生がバトルに参戦するのはアリだと思います。

「ダンス始めたばかりです」みたいな

明らかに力の差が見て取れるような関係性でなければ、というか

そもそもそんなところに出ようと思う先生はいないですね。

 

バトルは下克上の有り得るところが魅力の一つでもあります。

対戦相手によって自分の気持ちを振りまわされるのではなく、

自分の積み上げてきたものを全て出せる心持ちとそれに伴う準備。

勝っても負けてもその結果を受け止めれる器であれる

ダンサーであることの方が大切です。

賞金がどうのこうのと言っている時点でもうそこに

自分の踊りは存在しません。

賞金をもらうことを動機にするのが悪いとは思いません。

ただ、そのモチベーションは個人的にあまり理解がしにくいだけです。

 

自分の現状の実力を把握するためにもバトルは良い場だと思います。

興味が少しでもあるなら足を運んでみてはどうでしょうか

 

 

 
ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】
 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top