Read Article

ダンスをする上での悩み 独学でダンスは上手くなれますか?

 

ダンスをする上での悩み 独学でダンスは上手くなれますか?

 

はい、上手くなれます。

と言いたいところですが僕自身は独学とは真逆の行動を取りました。

なので断定することはできませんが、独学でダンスをやっている人も

少なくないと思います。

 

まず、独学といっても完全に自分一人でやるというのは

不可能です。

必ず学ぶべき対象がいるはずです。

今ならYouTubeに色んなダンス映像が転がっています。

そこから見て学び、踊ってはまた見てというふうに繰り返すことで

ダンスを向上させていくことは十分可能だと感じます。

 

 

独学のメリットは?

 

誰にも教えてもらうことなく独学でやるメリットは

自力を養うことが出来ることです。

独学でやるということは映像を見たり本を読んだり

ネットで検索してみたり、自分なりに理解していく流れになります。

先生がいるわけではないので質問することができません

自分に問いかけて、自分で答えを導かないといけません

自分なりに色んな所から情報を集めて、今自分がやっていることが

合っているのかどうかも分からず試行錯誤を繰り返していきます。

 

これだけを見るとメリットではないような気がしますが、

この行為全てが自分の力になり、のちにいきていきます。

 

ダンススタジオに行くと先生が全て教えてくれます。

  • 動くために必要なストレッチ
  • ダンスを踊るために必要な基礎とは
  • ステップのやり方・感じ方
  • 音楽の感じ方
  • ルーティーンとは
  • ソロとは

 

様々な角度から色んな大事な要素を手取り、足取り教えてくれます。

なので必然的に上手くなります。

上手くなるスピードも人によっては格段に速いです。

でもここに欠点があったりもします。

 

誰かから直接学ぶというのにも当然デメリットがあり

逆にそこが独学のメリットになります

 

手取り、足取り指導を受けることで自分で考え試行錯誤する

時間が極めて少なくなります。

疑う余地もなくどんどん前に進んでいきます。

分からないことは聞けて、先生からもアドバイスをもらえる。

言われたことだけやるようなスタンスになってしまう可能性が高いです。

答えを求めてしまう姿勢になります。

 

 

ダンスを続けていると必ず行き詰まる時が訪れます。

そんな時に常に自分で考え、少しずつではあるけども自分で解決してきた人と、

言われたことをただやって、考えることもあまりなく、すんなり上手くなれた人とでは

歩み方が全然違います。

前者はきっとまた、自分で道を切り開いていくと思います。

後者は誰かに答えを求めてしまうかもしれません。そしてそれを

ずっと繰り返してしまうかもしれません。

もちろん逆に、このぶち当たった壁をきっかけに何とか乗り越えて

自力を獲得することも有り得ます。

 

 

結局何が言いたいの?

 

結局何が言いたいのかというと

独学というのは自分で考え、自分で前に進もうとする姿勢になります。

なので自分にとって良いと思ったものは取り入れることができるし

変に他人の影響を受けすぎるということもありません

自分と自分以外の人をきっちり分けて考えれるようになります

この力が養われます。

 

そして独学で始めようがダンススタジオで学ぼうが

ダンスを続けていると、最終的には遅かれ早かれ独学でやっていくことになります

ダンススタジオから離れる時が来るということです。

そうなると、

自分で学んで、自分で何かを獲得しにいく姿勢がないと成長や変化はありません

なので自力の要素がすごく大事になります。

早くからその道を選ぶか、ある一定の所まできてからその道に移行するかの違いだけです。

どちらが正解というわけではありません。

どちらであっても「間違ってなかった」という結論に至れるような

そんな過程を歩んでいってもらいたいと感じます。

 

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top