Read Article

ダンスをする上での悩み 「努力をすれば必ず結果は出ますか?」

 

ダンスをする上での悩み 「努力をすれば必ず結果は出ますか?」

 

 

こんな思いを持たれている方がおられます。

まず努力というのがどういったものなのでしょうか?

たぶんみんな基準が違いますよね。

ダンスの練習を毎日することを努力という人もいれば、

「練習をすることは当たり前なんだからそんなものは努力とは言わない」と

言う人もいます。

何を努力というのかは難しいところですが、努力の根本には

がんばる過程が必ずあると僕は思っています。

 

 

楽しいだけでは強さは身につかない…

 

ダンスに限った事ではないけども、楽しいということが

ずっと続くことは有り得ません。そしてそこに成長はないと思います。

楽しいことしかないという人もいるかもしれないけど、

その感覚は僕にはなく、なかなか理解しがたいものです。

もちろん楽しいと感じる瞬間やおもしろいと感じる瞬間があるからこそ

続くものなんだとは思います。

決してワクワクするものだけをやっていれば良いとは思っていないし、

それだけだと精神的な強さは養われないと感じています。

成長に強さが必ずいるのかと問われると、絶対ではないかもしれませんが

その要素は必要だと思います。

なぜかというと

まだ自分が知らない世界、経験していないものに飛び込む時は勇気がいるし、

だからそこには気持ちの強さがいるわけで、知らない体験を

経験することで、自分の領域が広がります。

知らないことを知ることができる。

出来ないことが出来るようになる。

これは間違いなく自分の成長です。

 

ダンスの練習も同じです。

出来ることだけをやっていてもなかなか成長は感じれません。

出来ないことに挑戦していくことは成長をする上で

誰もが大事だと感じていることだと思います。

それとは別に出来ることを深堀していくことも、最初は出来ないことなので

これも大事なことだと感じています。

出来ると思ったらもうやろうとしない人がほとんどだと思います。

そうすると出来るところからの成長はもうストップします。

出来ると思ったものほどもう一度掘り返してみる。

少し見方を変えれると、当たり前の基準も変わります。

 

 

逆は必ずしも真ならず

 

ダンスで何か結果を出すためには自分の成長がないと、

決して手にすることは出来ないと思います。

個人的にすごく感じていることがあって、これは決して希望を持てる話では

ありませんがシェアします。

勝負の世界で結果を出している人の背景には必ず

努力というか、真剣にがんばって練習やトレーニングに励んだり、

色んな負けを経験をしていると思います。

結果を出す人に努力をしていない人はいないというような

言葉があるぐらいだし、僕も納得できます。

じゃあ一生懸命努力をして、色んな経験をすれば必ず結果が出るかと言えば

そうではないと思います。

がんばったからといってそこに比例して結果が出るという道筋はありません。

がんばって努力することが結果に結びつけるための必要条件であることは

間違いないですが、絶対というものではありません。

悲しい話ですがこれが現実なんだと思います。

 

 

最後に

 

最初の質問に戻ると

「努力をすれば必ず結果は出ますか?」

この答えはNoになります。

ただ、誰かと競う勝負事での結果という意味です。

 

自分のやってきた過程での結果は十分に感じることは可能です。

出来ないことが出来るようになることも結果だし、

その変化によって誰かから評価をもらえることも結果です。

やってきたことに損は一つもないはずです。

結果を感じるためには何もやらないという発想にはならないと思います。

今いる自分から一歩前に踏み出してみましょう

 

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top