Read Article

ゆりっちHOUSE中上級class開講のお知らせ+Newレッスン

 

マンスリーレッスンスタート

 

◇マンスリーレッスン◇

HOUSE中上級classを

月に1回のペースで開催します。

今のところ全5回を予定。

 

第1回目は「ルースレッグ」を

軸に展開していきます。

・ルースレッグバリエーション

 

■日時・場所

2021.5.30(日)

15:00 – 16:00 身体操作  『WAKE UP』

16:00 – 18:00 HOUSE中上級

studio1000

■お申し込み

予約制

お申し込みはこちらをタップ

 

 

Newレッスンスタート

 

◇WAKE  UP!◇

■New Lessonスタート

身体操作という位置づけでレッスンを

やっていこうと思います。

 

動いていない・動かせていない身体を

目覚めさせるのが狙いです。

 

・自分の身体の状態を観察する

・身体のアラートに耳を傾ける

ダンスをする前段階の身体の土台・基礎力を

上げる

最下層の自力を上げる

 

■内容

内容としては主に柔軟性を高めるということ。

これを1番の課題においてやっていきます。

所謂、ただ体を柔らかく軟体にするという

ことではなく、使える体にしていく。

 

使える体というのも

ダンスをする上でのパフォーマンスアップ

という位置づけになります。

 

僕がタイムリーにやっていること

実践していることを軸にやっていくので

信憑性はあるかと思います。

 

■柔軟性を高める理由

僕自身、柔軟性が高いわけではないので

そこに可能性を感じてやっています。

 

ただ柔らかくではなく

可動域を広げることで

思ったように体を動かすこと

イメージと実際の動きのギャップを

作らないため、もしくは埋めるためのもの。

また

身体においての柔軟性だけでなく

精神や思考においても柔軟であるということは

とても大事であり

身体と精神はリンクしているので

共に高めていけるというのもメリット。

 

■どこの柔軟性を高めるのか

主に体の中心軸

(鎖骨・肩甲骨・胸郭・骨盤)をターゲットに

やっていきます。

やる内容がコロコロ変わったりするのではなく

同じことを繰り返すことではじめて

変化にも気付けていけるので

この中心軸を主体に丁寧にやっていきます。

 

■最後に

中心軸は動かしにくいが故に

固まりやすいところ。

だからこそ

そこにアプローチしていくことで

受けられる恩恵は大きい。

実際、僕自身が変化を感じられています。

身体操作というのは

動きの質を高めるためにあり

それがダンスにも生かしていけるし

生かされていくと考えています。

 

動きという観点に焦点を合わせているので

これだけをやってダンスが上達するわけでは

決してありませんが

やる価値は十分にあると感じているため

今回のオファーに至っています。

フィットするしないがあると思いますが

興味のある方はぜひに

 

お申し込みはこちらをタップ

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top