Read Article

ハウスダンスの基礎・基本 【初心者のためのステップ講座】 肩を内に入れる 肩の使い方 #1

 

ハウスダンスの基礎・基本 【初心者のためのステップ講座】 肩を内に入れる 肩の使い方 #1

 

 

今回ご紹介するのは肩の使い方についてです。

ステップをする上で肩を使う必要ってありますか?

そんな疑問を持たれる方もおられます。

やっぱりどうしても足に目がいきがちですが、実は上体の動きが重要になるんですね。

歩くときの体の使い方を想像してもらいたいのですが、

足だけが動いているわけではありませんよね。

腕が前後に振られ、上体を少しひねった動きが行われています。

上半身と下半身のバランスがとても大事になります。

 

 

【解説】

 

1.右肩を中にいれる

1

ダウンのリズムをとりながら、右肩が体の前にくるように

上体をひねります。

上体をひねらないと肩が内に入らないので、ひねる意識をもちましょう。

カウント ワン・ツー

 

 

2.ダウンのリズムを正面で

4

ひざを使ってダウンを感じます。

1で上体をひねったところから、体を正面の状態に戻します。

カウント ワン・ツー・スリー

 

 

3.左肩を中にいれる

2

ひざを使ってダウンを感じます。

そのタイミングで今度は1の動作とは逆で左肩を中にいれます。

肩を中にいれるために上体をひねる意識をもちましょう。

もう一つのポイントは、

足のつま先の向きが正面を向いたままにします。

上体をひねって肩を振った時に、足も左右に振られないようにしましょう。

足は固定して上体だけを動かすように行います。

カウント ツー・スリー・フォー

 

また2の動作を繰り返す流れになります。

このようにワンカウントずつ動きを変化させていきます。

ダウンをしながら肩を動かすのは最初はやりにくいかもしれません。

でも決して難しい動きではないかと思うので丁寧に行っていきましょう。

 

動画でもやっていますが、ワンカウントずつ左右に肩をいれる動きが

慣れてきましたら、もうワンテンポ速いリズムで

右肩だけ、もしくは左肩だけを内側にいれてリズムを刻めるようにしていきます。

そうすると肩の動きが体で理解できるようになります。

ぜひTryしてみてください!!

 

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

 

ページトップへ

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top