Read Article

ダンスが急激にうまくなる分岐点はここにある

 

ダンスが急激にうまくなる分岐点はここにある

 

【自分自身の意志でダンスを踊っているでしょうか】

 

ダンス歴が2年、3年となってくるとある程度

踊れるようにはだいたいなります。

 

踊れるようにというのはレッスン内で先生が言っていることや

やっていることが理解できて、自分の体もそれに反応出来るようになると定義します。

 

 

先生発信で言っていること、やっていることへのダンスは向上しますが、

じゃあ自分で自ら何かフリを作ったり、フリーで踊ったりすることとなると

急に出来なくなります。

 

 

それは当然です。

ダンスをやり始めた時と同じようにやったという

経験がないからです。

 

 

だからこういう機会を積極的にたくさん設ける必要があると

指導者からすると思うわけです。

 

 

どうしてもやってもらうばっかりの方向性だと

自分で作り出す力が養われません。

 

 

すごく壁が大きいかもしれませんが

チームでショーにでるとか、ソロでショーに出るとか

もしくはバトルに出るとかっていうのが一番です。

 

 

普段レッスンで踊っている時には一切使わない脳を

ガンガン使うわけですから。

これはすごく頭と体に刺激が入ります。

 

 

これを経験した人は格段に伸びていきます。

与えられたものをただやるというスタンスから

自らが進んでやっていくスタンスに変わるわけですから。

 

 

ショーに出るとなると次々にわからない壁が押し寄せてきます。

・音楽はどうしようか

・振り付けはどうしようか

・そもそも音楽を聴いてフリが作れるのだろうか

・自分が踊りやすい音楽って何だろうか

・自分の好きな音楽って何だろうか

・好きな音楽と踊りやすい音楽は違うかも知れない

 

あれこれと疑問に直面します。

こういう経験が何より成長を加速させます。

 

 

それはなぜかというと自分のことを何も知らないと

自分で気付くからです。

自分を知っていく過程が成長には必要です。

 

 

レッスンに行っているだけではなかなか本当の成長にはつながりません。

レッスンで技術を磨きながら、それと並行して外に目を向けて

自らチャレンジできたら最高です。

 

 

「まだ自分には早い」

「もう少し上手くなってからにしよう」

そんな言葉が自分の頭の中によぎります。

 

 

完全に自分が納得できて

「よしっ完璧だ」って思う時が本当に来るのでしょうか

これに関しては疑問です。

 

 

いつだって未完成だからです。

その時その時のダンスが今の自分のダンスであり

自分の実力です。

 

 

自分の成長を加速させようとした時に

今まで通りでは難しいです。

 

 

やっていないことをやる必要があります。

そこには勢いと勇気がいります。

これはなかなか大変なことですが、自分を向上させたいのであれば

必要条件です。

 

 

あなたはなんでダンスをしているのでしょうか

レッスンに行くことが目的でしょうか

レッスンに行って上手くなってどうしたいのでしょうか

何のために上手くなりたいのでしょうか

 

 

一度考えてみましょう。

今やるべきことが見えてくるはずです。

 

まずはスタジオの発表会などからでも良いと思います。

人の目に触れることは大切ですから。

 

そこから全ては始まります。

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top