Read Article

ダンスを踊る上での悩み 仕事で疲れてダンスができない人とできる人の違い

 

ダンスを踊る上での悩み 仕事で疲れてダンスができない人とできる人の違い

 

こんな悩みありませんか?

毎日仕事で疲れていて、「やりたい」「踊りたい」と思っていても

なかなか動くことができず、どうしようか考えてぼーっとしている間に

あっという間に時間が過ぎ、今日はやめておこう。みたいな。

 

忙しいと感じる毎日で疲れ果て、なかなかダンスに没頭できる

時間が設けれない。

きっとそういう方は少なくないと思います。

 

一日の中で一番仕事をしている時間が長く、気持ちも体も

浪費していると思います。

でもそんな中、ダンスが出来ている人も実際存在しています。

じゃあちゃんとダンスが出来ている人はどう向き合っているのか

できない人と何が違うのだろうか

 

 

疲れていてもダンスに打ち込める人と打ち込めない人の違い

 

それはダンスに対する情熱です。

情熱があれば本気になれます。というふうに言いたいところですが

今回は精神論を語りたいのではなく、

でも前提としてこの精神論がベースになっているとは思いますが、

疲れていてもダンスが出来る人は、体の感じ方に敏感であれる人だと思います。

どういうことかと言うと

仕事の疲れからくる体力とダンスを踊る時に使う体力は違うものだと

認識できる人がちゃんとダンスに打ち込める人なんだと思います。

実際使っている気力や体力は違うもののような気がしています。

仕事終わりのダンスは過酷かもしれません。

気持ち的にも上げていくのは大変です。

でも気持ちが盛り上がってくるのを待っていても

盛り上がることはありません。

だから体を先に動かすんです。

心技体という言葉がありますが

体心技のスタンスでダンスと向き合ってみましょう。

体のことを感じることができないと心は養われないと思います。

当然その先にある技も獲得できません。

ちょっとした微細な差ではありますがそれを感じ取れるような

体にしていくことが大事なんだと思います。

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top