Read Article

ハウスダンスの基礎・基本 【初心者のためのステップ講座】 ダウンのリズムで首を上下に 首の使い方 #2

 

ハウスダンスの基礎・基本 【初心者のためのステップ講座】 ダウンのリズムで首を上下に 首の使い方 #2

 

 

首の使い方第二弾になります。

前回の首の使い方は上下の動きでした。

参考記事 ハウスダンスの基礎・基本 【初心者のためのステップ講座】 ダウンのリズムで首を上下に 首の使い方 #1

 

今回もご紹介します。

上下よりも比較的難しい動きになりますが、ぜひこちらも

マスターしてください。

ハウスダンスを踊っていて、この首の使い方をしている人は

ほとんどいません

なので出来るようになってあなたの武器を着実に増やしていきましょう。

 

 
【解説】

 

1.首を前に

3

ひざをつかってダウンのリズムを感じたタイミングで

首を前に突き出します。

顔ごと前に持っていくイメージで行い、

アゴだけで操作しないようにします。

アゴだけ意識をしていると、アゴが上がり後頭部が下がって

前後ではなく、上下の首の使い方になるので気をつけましょう

カウント ワン・エン・ツー

 

 

2.首を引っ込める

54

ひざを伸ばしてアップのリズム取りをしたタイミングで

前に突き出していた首を引っ込めて、元の自然体の位置に戻します

これが準備動作になるので、首をしっかり前に持って行きやすい状態を

つくれるようにしましょう。

この1.2の流れを繰り返すことで首の前後で言う【前】のリズム取りになります。

カウント ワン・エン・ツー

 

 

3.首を後ろに

1

先程とは全く逆で、首を後ろにした時にリズムが取れるようにします。

ひざをつかってダウンをします。そのタイミングで首を後ろに引っ込めます。

後頭部ごとまっすぐ後ろに持っていくイメージで行います。

アゴだけでコントロールしようと思うと、うなずく動きになってしまうので

それだと上下のリズム取りになってしまいます。

地面に対して平行になるように意識します。

カウント ワン・エン・ツー

 

 

4.首を前に

2

ひざを伸ばしてアップのリズムをとります。

そのタイミングで首を前に突き出します。

この状態が準備動作になるので、前なのか後ろなのかはっきり分かるように

行いましょう。

カウント ワン・エン・ツー

 

3.4の流れを繰り返すことで首の前後で言う【後】のリズム取りの完成になります。

この首の使い方が一番難しいと思います。

そしてあることに気づいたと思いますが、1.2.3.4の流れを見たときに

首自体は前と後ろの二通りしかしていません。

 

1.2の流れ、3.4の流れどちらかが出来るようになると首の動きは完成しています。

ポイントはダウンのリズムをとった時に、首が前なのか、後ろにとっているのか

リズム取りが変わるので、そこのポイントを押さえておくようにしましょう。

 

首の重要性はなかなか分からないかもしれませんが

首を使えるようになることで、踊っている時の印象、雰囲気がガラッと変わります

ここに気づけることで上達も加速するのでぜひTryしてみてください。

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top