Read Article

ダンスをする上での悩み 「バトルではどういうメンタリティーで挑んだらいいのでしょうか?」

 

ダンスをする上での悩み 「バトルではどういうメンタリティーで挑んだらいいのでしょうか?」

 

 

バトルイベントが本当に多くなりました。

そして、そこで結果を出すことがダンスのモチベーションになっている

人はたくさんいると思いますしそう感じます。

素晴らしいです。

バトルに限らず自分の今ある力を試すということ、

チャレンジするということ、ここには良いことしかありません。

結果によってはすごく苦しく、「悲しい」「恥ずかしい」「もう出たくない…」

こんな思いを経験することもあります。

初めてバトルに出たりすると思ったようには全く踊れず、へこんでしまう人が

ほとんどです。

自分の現状のダンス力をまざまざと体感するわけです。

これっていうのはまず一歩足を踏み出さないと感じれないことです。

まずはその一歩踏み出した自分を評価してあげてください。

誰にでも出来ることではありません。

いざ挑戦して何かを感じるからこそ、また次が見えてきます。

 

へこむことなく、逆に「楽しかったなぁ」と思える人もいます。

初めて出ていきなり結果が出て嬉しくなったり、結果は出ていないけど

楽しく踊れた実感があったり本当にさまざまだと思います。

じゃあそれって何が違うのでしょうか?

 

違って当然なものとは

 

それは感性としか言い様がないですね。

それぞれ判断基準が違うわけです。

自分が自分を評価する基準が違うと、同じような体験をしても

人によって楽しいと感じたり苦しいと感じたりするわけです。

もちろんそこに正解はありません。

唯一正解みたいなものがあるとするなら

それは楽しいと感じて踊れた人も、後には苦しいが待っているということです。

絶望させるわけではないですが、ずっと楽しいが続く事はないと個人的には

感じています。

楽しいを感じるために苦しいを経験します。

目を背けずがんばると後には楽しいがあったりします。

苦→楽→苦→楽→苦→楽→苦→楽

この繰り返しです。

どっちが先かは人によりますが

この過程自体を楽しむことが出来れば、それこそ最強だと思います。

まぁそれって簡単なことではないんですけどね(笑)

でも経験することによってこの過程が、体感覚でインプットされると思うので

苦しいがやってきても、これをただなかで感じないでいられるようになれる

と思っています。

 

勝ちに行こうとするのか、それとも勝とうとするべきではないのか、どっち?

 

これって一見真逆のことを言っているように見えますよね。

  • 「勝ちたい!!」「絶対勝つぞ!!」「倒すぞ!!」みたいな気持ちで挑むことで、それが体に宿り、パッションを含んだダンスになる

それが見ている人のハートをギュッと掴み共感してもらえることで結果に結びついたりします。

 

一方で

勝ちに行こうとしてはいけないという意見は

  • 「絶対勝ちたい」と思うことで余計な考えや力みが入り、自分にとっての良いダンスが出来ないという立場

そしてそもそも、こうやって踊った方が勝てる、伝わるみたいなものが

自分の中にあるなら、それは完全な勘違いであるということ。

だから出来ることなら、まっさらな状態でリラックスして挑もうみたいな含みを

もった意見だと思います。

じゃあこの二つの意見は本当に全く違う意見なのでしょうか?

 

逆は必ずしも真ならず

 

以前にもこの言葉を記載した覚えがありますが、

「勝つぞ!!」というパッションが見ている人に見えることでより伝わって

それが要因で勝利につながることは多々あります。

かといって

パッションを見せたからといって、それが必ずしも勝てるということにはならないということ。

勝利につながる要因の一つに過ぎません。

ここを勘違いしてしまうと落とし穴にはまってしまいます。

ダンスはそんな単純なものではありません。

 

リラックスしていつものような自然体で踊れたからそれが勝利につながった。

そこに「絶対勝ちたい」という貪欲な思いはなかった。

これが勝てた要因です。という人がいたとして

次もそうやって踊れたら勝てるかと言えばそうでもないです。

ダンスはナマモノなんですね。

その時の現場の空気感が存在しますし、それぞれが持つ空気感もあります。

絶対的なものなんて一つもありません。

そして勝てた要因が本当に上記で上げたようなことなのかも

究極なことを言えば分かりません。

難しいですよねダンスは。

というか人間はってとこですよね(笑)

 

 

最後に

 

僕自身もまだまだ未熟者で分からないことだらけです。

でも何か自分の中の正しさみたいなものを追い求めていくんだと思います。

その正しさが何なのかは自分でも分かりません。

目には見えないものを獲得しようと思っています。

いつだって不完全です。でも完全になる自分をどこか夢みてます。

 

目に見える結果が欲しい人はどういう形で結果がほしいのかを一度問いかけてみてください。

バトルに置いて勝ちたいと思うことはごくごく自然なことだと思います。

色んな意見や情報があるとどれを選択して良いのか分からなくなります。

自分の目と耳を持たないといけないです。

それを持つためには経験が必要です。

中身に対して器が追いついていないと、色んな意見に振り回されてしまいます。

じゃあ振り回されないためにどうしたら良いのかというと

今自分の現状の段階で信じれるものを愚直にやるか、

今までやってきた行為を改めて、もし色んな人に意見を聞いていたなら

聞かない選択をとってみたり、誰にも意見を聞いてこなかったのなら

一度、この人には聞いてみたいという人に聞いてみるのも方法だと思います。

何となく人の意見を聞いてしまうと

「こっちがイイなぁ、でもこっちの方が良いかも」とどんどん聞いてばかりで

情報を食べ過ぎてしまいます。

これでは消化不良になります。

結局どうしていいか分からず余計に迷走します。

情報をシェイプアップするためにも

意見を聞くときに「自分の踊りどうでしたか?」と聞くより

「自分はこういうふうなことを大事にしていたり、こういうスタンスでやっていて

今日はこんな感じだったんですが、これってどうですか?」みたいな質問を

してみるのも良いのではないかと思います。

聞きたいことを絞って質問するとより具体的な返答が返ってきます。

いつもより少しだけ明確にして聞いてみてはいかがでしょうか?

そしてあと一つ大事なのは

どの意見も取り入れないという選択肢を持つことです。

なので僕が今言っているようなことも、何か言っているぐらいの

スタンスで聞いて、これが全てなんだこれが正解なんだと

決して思わないようにこれからもダンスに励んでほしいと本当に思います。

 

 

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

 

 

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top