Read Article

ダンスの専門学校に行くとどんな良いことがありますか?

 

ダンスの専門学校に行くとどんな良いことがありますか?

 

こんな悩みを持たれている方がおられます。

何も分からない、何も知らない状態だと決断するのは難しいと思います。

じゃあ実際行くとどんな良いことがあるのでしょうか?

僕自身は何も知らないからこそ決断できた経緯があります。

それも踏まえてお伝えしようと思います。

ダンスと言ってもストリートダンスの話になりますのであしからず。

 

 

専門学校のメリット・デメリット

 

専門学校というぐらいなので専門的にダンス全般を学ぶことができます。

 

メリット

  • ストリートダンスの全ジャンルを経験することができる
  • ダンスだけでなく、音楽編集なども学べる
  • ダンス用語、ステージ、舞台に関しての基礎的な用語の習得
  • 発表会という形で自分たちで作品を1から全て作り上げる体験ができる
  • ストリートダンスの過去の映像などを掘り返し見れることができる
  • ダンスからではない、違う分野からのアプローチでリズムを学べる
  • スタジオを使い放題

 

ざっくりではありますがこんな感じなります。

対人に関しての事はあえて省きます。

ダンスという枠だけでなく、ダンス向上のため

大事になる要素も含めて総合的に学べるのが専門学校の良いところになります。

 

デメリット

  • 学費が数百万必要であること
  • 好き嫌いにより、習いたくない授業もやらないといけない
  • 卒業後の道が確保されているわけではない(学校によると思う)

 

メリット、デメリットとも細かく話していけばまだ出てきますが

大きなところで言うと上記のような感じになります。

特にデメリットの関しては、お金の問題だと思います。

どんなところなのかは実際入ってみないと見えてこない事が

ほとんどなので当然、大金を払うのにはリスクがあります。

「これだけの大金を払ったんだから、嫌でもやり通さないと」っていう

参加コストの呪縛から離れられない精神状態になる人もいるだろうし、

続く人と辞める人も実際、半々ぐらいになります。

 

 

僕個人としては

 

個人的には専門学校に行って正解だと感じています。

それは何も知らないし、初心者だったから手っ取り早く短い期間で

いろんな物を凝縮して学ぶこと、経験することが出来たからです。

色んな知識がなかった分、選択肢が多くなかったし、無知だからこそ

飛び込めた要因があったと思います。

 

 

やりたいダンスが決まっている人は

 

逆に「こんなダンスがやりたい」「こういう将来にしていきたい」

みたいな明確なものが決まっている人は行かない方が良いのかもしれません。

一概にそうとは言えませんが、やりたいことが決まっているなら

ダンススタジオに行って学べば良いですし、お金の面から言っても

全然違いますし、必要な時に必要なものを学んで行くスタイルが取れるので

行動しやすいと思います。

 

 

最後に

 

僕自身はとにかく何も知らない、こだわりようがない状態だったので

専門を選択し、凝縮して短い時間でダンスやダンスをするために必要になってくる

音楽編集や基礎的な用語など

ある程度の技術を体得することができました。

スタンスはそれぞれですし、専門を卒業しても「はい終わり」というわけではないし、

むしろその後が大事になってくるわけです。

 

大金を払うだけの価値があるものにしていくかは自分次第です。

入るんじゃなかったという人も見てきましたし、

入ってよかったと思う僕みたいな人もいます。

自分の選択と決断、そして自分の責任でやる必要があります。

ダンスの世界は決して甘い世界ではありません。

実力至上主義です。

もちろん楽しいだけの時間と空間にすることも可能です。

それは各々のダンス観とスタンスによると思います。

 

 
ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top