Read Article

ハウスダンスの基礎 【初心者のためのステップ講座】 サイドステップ 左右に足を一歩ずつ 腕の使い方 #1

 

ハウスダンスの基礎 【初心者のためのステップ講座】 サイドステップ 左右に足を一歩ずつ 腕の使い方 #1

 

腕を使って踊るということはハウスダンスを踊る上で、

さらにはストリートダンス全般において大切であると思っています。

今回紹介する腕の振りは絶対出来ないといけないようなものではありません。

しかし、

リズムをキープさせながら体をコントロールしていくという意味では

すごく効果の期待できるリズム取りになります。

これが出来ることでさらにリズム取りのバリエーションが増え

リズム感が養われ、リズムが切れることなくステップが出来るようになります。

【解説】

 

1.腕をクロス(交差)にしてダウン

1

オンビートでひざを曲げてダウンのリズムをとります。

腕はクロスにします。

なるべく腕には力みがないようにしならせるイメージを持ちます。

この時に体の向きは進行方向とは逆側に向くようにします。

1の動きで言うと右側に踏み込んでるので、左側に体を向けます。

背中を向けながら右足で一歩踏み出し、ダウンのリズムをとります。

 

 

2.両腕をサイド(横)に大きく広げる

2

両腕を大きく広げます。

力はなるべく入れないようにして、両足を揃えながら

ひざを使ってダウンのリズムをとります。

体の向きは1の動きとは逆で右側に向けます。

1,2どちらの動きにも言えることですが

足先、要はつま先の向きと体の向きは同じ方向になります。

体の向きが分からなくなった場合は、足元を見るようにしましょう。

 

 

3.両腕をクロス(交差)にします

3

1のときと同じ流れになります。

左足でサイド(横)に踏み込み、ひざをつかってダウンのリズムをとります。

両腕はバッテンの状態でクロス(交差)させます。

足先と同じ方向に体は向けるので右側に向けるようにします。

※進行方向に体を向けないようにしましょう

背中から行くイメージでリズムを感じます。

 

 

4.両腕をサイド(横)に大きく広げる

4

2の動きと同じ流れになります。

ひざでダウンのリズムを取りながら、両腕の振りが小さくならないように

大きく振ります。

体の向きは3の動きとは逆になるので左側になります。

足は揃えて次の動作にスムーズに行けるようにします。

 

これでリズム取りは完成です。

腕を振ることと体の向きが重要になるのでそこに気をつけながら

ダウンのリズムをとります。

腕を振れるようになることで本当にリズムがキープしやすくなります。

簡単なリズム取りかもしれませんが大事にやってみてくださいね。

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top