Read Article

ハウスダンスの基礎 【初心者のためのステップ講座】 片足に体重をしっかり乗せてステップ 脚 #4

 

ハウスダンスの基礎 【初心者のためのステップ講座】 片足に体重をしっかり乗せてステップ 脚 #4

 

 

このステップが出来るようになると

ステップをする上ですごく大切な体重の乗せ方が体得できます。

体重の乗せ方が分かると強弱や緩急、重みなど色んな表現に役立ちます。

ぜひTryしてみてください。

 

【解説】

1.右足をしっかり踏み込む

1

しっかり踏み込むためにもひざを曲げて体重を右足一本に

預けます。

ポイントは右足のつま先と同じ方向に上体を向けるようにします。

右足を踏み込んだと同時に左足は上げるようにします。

カウントはワン・エン・ツー

ワンカウントしっかりためます。

7

上図のように右手で左足を軽くタッチするような

動作を加えることで、また違ったシルエットが出来るので

変化を出したいときに行います。

 

2.左足に踏みかえる

2

1の動作で左足を上げていたので体を正面に戻しながら

左足に踏み変えます。

カウント ワン・エン・ツー

3.右足に踏みかえる

3

足踏みをするイメージで左足から右足に

足を踏み変えます。

体の向きも足先と同じ方向に向いていることを確認します。

カウント ワン・エン・ツー・エン

 

4.左足をしっかり踏み込む

4

1の動作の全く逆になります。

ひざを使って左足で踏み込み、右足は上げます。

上体は足先と同じ方向になるようにします。

カウント スリー・エン・フォー

ワンカウントためます。

8

上図のように左手で右足を軽くタッチする動作を

加えると違ったシルエットをデザインできます。

 

 

5.右足に踏みかえる

5

4で上げた右足をそのまま踏み込みます。

カウント フォー・エン

 

 

6.左足に踏みかえる

6

5の動作から足踏みをする感覚で左足に踏み変えます。

上体の向きも足先と同じ方向に向いていることを確認します。

カウント フォー・エン・ファイブ

 

 

ここまで来たらまた1の動作の繰り返しになります。

1.4の動きが今回のポイントになるので右足でも左足でも

踏み込んだ時に、ひざを使って体重をしっかり乗せるようにしましょう。

その後の動きに関しては足踏みをする感覚で足を入れかえるだけになります。

ぜひTryしてみてください。

 

 

ステップ無料講座開講中

無料で7日間、ゆりっちがあなたにステップの基礎をお伝えします。

・やりたいけどどうしたらいいか分からない

・ダンススタジオに行く勇気がない

・お金を払わずに体験したい

最初の一歩を気軽に踏み出したい方はぜひ下記からお申し込みください。

【ステップ無料講座に今すぐ参加する】
 

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top